« 15年ぶり近大附属高校甲子園出場 | トップページ | 長寿医療制度が普通徴収可能に »

2008年7月28日 (月)

平成21年度税制改正の方向性

政府税制調査会は
7月22日に本年度最初の企画会合を開催しました

その中で、今後の議論の方向性・アプローチに関する意見交換が行われました

相続税の課税方式の見直し
について話し合われたようです
相続人個人単位で相続税を計算する遺産取得課税方式へ向かっています

また
たいへん気になる
消費税
ですけど
福祉財源の目的税とするのが望ましいとしながら
その増税時期にはふれられていないようです

|

« 15年ぶり近大附属高校甲子園出場 | トップページ | 長寿医療制度が普通徴収可能に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/41995083

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度税制改正の方向性:

« 15年ぶり近大附属高校甲子園出場 | トップページ | 長寿医療制度が普通徴収可能に »