« 信託業務開放の動き | トップページ | 関西に大手金融機関進出 »

2007年6月27日 (水)

不動産価格情報データベース化へ

 国土交通省は、2008年度をメドに、不動産取引情報のデータベースを構築する予定とのこと。

現在、別々に管理されている、公示地価、取引事例価格、不動産管理データ、鑑定評価データを、一元化し、インターネット上で公表し一般の人が利用しやすくするようです。

 取引業者に比べ、個人は情報が得にくく不利な立場に置かれているのが実情です。少しでも、多くの情報が得やすくなれば、選択肢も拡がるでしょう。

ただ、このデータベース化で全ての不動産取引情報が一元化されるわけではありません。他に、国税庁の路線価、都道府県の基準地価などもあります。

 今までより、少し不動産の情報が調べやすくなるのはいいことですね。

                                    by つかだ

|

« 信託業務開放の動き | トップページ | 関西に大手金融機関進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/15582711

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産価格情報データベース化へ:

« 信託業務開放の動き | トップページ | 関西に大手金融機関進出 »