« 長短金利差が縮小 | トップページ | 世界の家計金融資産の動向 »

2007年3月23日 (金)

2007年公示地価発表!

 国土交通省は、22日に2007年1月1日時点の公示地価を発表しました。

 住宅地は、全国平均で0.1%上昇しており、1991年以来16年ぶりのプラスとなっています。特に3大都市圏で高い伸び率となりました。(東京圏:3.6%上昇、大阪圏:1.8%上昇、名古屋圏:1.7%上昇)

 商業地でも、2.3%上昇し、同じく16年ぶりのプラスとなりました。
3大都市圏では上昇率が、8.9%に拡大しており、特に東京都、大阪府では2ケタ台の伸び率です。

 地方圏は、2.8%下落でしたが、前回より下落幅は2.7ポイント縮小しています。

                                 by つかだ

|

« 長短金利差が縮小 | トップページ | 世界の家計金融資産の動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/14358303

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年公示地価発表!:

» 教えるのはお金を生み出し続ける「ほったらかし資産」 [生活を楽しむためのお得な情報]
最近の情報はメルマガ販売メインのやり方が多く、このやり方だと発行を止めると終わり・・・発行しつづけないといけなく自分の時間がどんどん無くなってしまいます。この情報は一般的に難しいとされる物販アフィリエイトをメインにしたほったらかしサイトを作ります。...... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 20時45分

« 長短金利差が縮小 | トップページ | 世界の家計金融資産の動向 »