« 住宅買い替え損失控除の延長 | トップページ | 2007年度税制改正大綱素案発表! »

2006年12月 4日 (月)

小学生のお年玉の相場は?!

 金融広報中央委員会の「子どものくらしとお金に関する調査」をみると、
子どもたちを取り巻く金銭事情がみえてくるようです。

 毎年、この時期になると、子どもたちにいくらお年玉を渡そうか悩みます。
この調査によると、小学生高学年ではお年玉総額「3万円以上」が3割を超えています。
 低学年でも約6割が約1万円とのこと。
ほかにも、おこづかいや貯蓄、お手伝いなどの項目もあります。

 子ども達にとっては、とても楽しみなお年玉。
お金の使い方貯め方など、この機会に親子で話してみるのもいいですね。

                              byつかだ


 

|

« 住宅買い替え損失控除の延長 | トップページ | 2007年度税制改正大綱素案発表! »

コメント

子供たちのお年玉すごい金額なんですね。
親子で考えるってのはいいことです。目的を持った使い方ができるし、楽しみが増えますし。
私が幼いころはすべて、親に預けて貯金してもらってました。【親は親で、もらった分だけお返ししないといけないので、大変だということを後で知ることになったのですが(^^;】
 そういう面でも、お金の出入りはただじゃなくて、ヒト(親戚、他人)とのお付き合いも兼ねてる事も学ぶ必要があるかもですね。。
 お年玉・・・たしかに渡す金額考えますね・・(--;

投稿: おっしぃ☆ | 2006年12月 4日 (月) 23時48分

おっしぃ☆さん コメントありがとうございます!
 「金銭教育」というと大変そうですが、家庭や付き合いの中での何気ない会話から、子ども達が学ぶことって大きいと思います。
 それにしても、お年玉… 大人には頭の痛いことです…

投稿: つかだ | 2006年12月 8日 (金) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/12933574

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生のお年玉の相場は?!:

« 住宅買い替え損失控除の延長 | トップページ | 2007年度税制改正大綱素案発表! »