« 乳幼児手当倍増の動き | トップページ | 東京出張 »

2006年12月11日 (月)

子ども版インフォームドコンセント

 医療機関では、病気や治療内容を説明し、患者さんの同意を得たうえで治療を開始する、インフォームドコンセントが、重要視されてきています。

 このことは、大人だけではなく、子どもに対しても広がってきているようです。(12/10日経新聞)
 絵本や人形など遊びを交え、治療の流れや方法を、子どもが理解できるように説明することで、「心の準備」を促し、治療を安心して受けてもらうねらいがあるようです。

 これまでは、検査や処置など、押さえつけて早く終わらせる…というのが、主流でしたが、これからは子どもの心のケアも、大切にする流れになってきているのは、親としても安心できますね。
                                      by つかだ

 

|

« 乳幼児手当倍増の動き | トップページ | 東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/13024646

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども版インフォームドコンセント:

« 乳幼児手当倍増の動き | トップページ | 東京出張 »