« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

新会社法で、今の会社はどうなる?

5月に新会社法が施行されます

既存の会社がどういう影響を受けるのか、簡単にまとめてみました

1)有限会社制度の廃止

有限会社制度が廃止され、株式会社に1本化されますので、会社法施行日以降、
有限会社を新規設立することができなくなります

2)既存の有限会社の扱い

すでにある有限会社については、「特例有限会社」として存続します
定款を「社員、持分及び出資1口 → 株主、株式及び1株」のように変更する必要があります
  商号は有限会社を用います
  従来の有限会社と同様、決算公告は不要です

3)株式会社への移行

特例有限会社を株式会社へ移行する場合は、定款変更決議によって商号を変更する必要があります
特別決議(議決権の4分の3)の上、通常の株式会社に移行する登記を行います
自動的には移行しません

4)確認会社の扱い

中小企業挑戦支援法によって設立した確認株式会社・確認有限会社は、
設立後5年以内に増資しなければ解散と定款に定めていますが、新会社法施行後は、
最低資本金制度そのものが撤廃されますので、定款の変更を行い、登記の変更を行ば、
そのまま存続することができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

相続FPとは

相続の各専門家(税理士・不動産コンサルティング技能者・司法書士・行政書士・弁護士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・建築士)とコワーク(協働)を組み、お客様が適格な相続を実現するためのアドバイスと支援をご提供する相続専門のファイナンシャル・プランナーです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

ブラッシュアップ講座開講!

FPおおさか、はじめての試み

日本FP協会の各分野別のブラッシュアップ講座シリーズがはじまりました!

前半、不動産運用設計

後半、ライフプラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »