« 税制改正 所得税・住民税(4) | トップページ | 税制改正 土地住宅税制(1) »

2005年12月20日 (火)

税制改正 所得税・住民税(5)

●既存住宅を耐震改修した場合の所得税額の特別控除

平成18年4月1日から平成20年12月31日までの間に一定区域内においてその者の居住の用に供する家屋の耐震改修をした場合
費用の額の10%(上限20万円)を税額控除できます

平成18年分以後の所得税より適用されます

●従来の住宅ローン控除の取り扱いについて

住宅ローン控除は所得税にのみ認められた制度で住民税には認められていません
 
平成18年度税制改正案のとおり、平成19年分の所得税率が下がると、本来なら控除できたはずの住宅ローン控除額が小さくなってしまいます

そこで、平成11年から18年までに入居した人で、住宅ローン控除の適用を受けている人は、一定の金額を住民税からも控除できるようになります

|

« 税制改正 所得税・住民税(4) | トップページ | 税制改正 土地住宅税制(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164312/10182334

この記事へのトラックバック一覧です: 税制改正 所得税・住民税(5):

« 税制改正 所得税・住民税(4) | トップページ | 税制改正 土地住宅税制(1) »